会計事務所と会社設立

さまざまな書類作成が必要になる会社設立手続き。一度間違ってしまうと、修正できなかったり、修正登記に高額の費用が必要になったりします。わからないことも多く、誰か詳しい人にチェックしてもらいたい、というのは当然のことでしょう。

そんなとき心強いのが、司法書士事務所、行政書士事務所、会計事務所(税理士事務所)が行っている会社設立代行サービスです。実は、会社設立業務に関する3つの士業の業務分野は異なっています。司法書士は定款の作成と認証、登記申請の両方に対応することができます。行政書士は定款の作成と認証のみ、会計事務所は両方とも対応することができません。ですが、会計事務所の会社設立代行サービスを利用する人は少なくありません。それは、会計事務所ならではの税務の専門知識に基づくアドバイスをもらうことができたり、創業融資を受けるために必要な事業計画書の作成をサポートしてくれたりする、という点です。設立時に税務の視点から役員の選定や決算月を決めておけば、税金の支払いを最低限に抑えることができるなど、税制上のメリットが大きいのです。なお、税務的な相談は司法書士や行政書士がうけることはできません。

会計事務所の会社設立代行は比較的安いことが多いのですが、それは、設立後の顧問契約が必須となっていることが多いためです。顧問契約を結ばなければならない、というと躊躇する人もいるかもしれませんが、会社を経営していく際、決算書の作成や申告時のサポートだけでなく、日々の経理業務の負担軽減や資金繰りのアドバイスなど、会計事務所とうまくつきあっていくことは、不可欠。設立時から会社のことを熟知している会計事務所があれば、心強いことこの上ありません。

会社は設立して終わり、ではなく、設立してからが始まりです。会計事務所を上手に活用して、息の長い会社経営につなげてください!

《参照サイト》https://www.adiretax.jp/
アディーレ会計事務所は会社設立手続き代行サービスを行っています。

Pocket