どうする?会社設立

趣味や特技を活かしたり、これまでの経験を活かしたりして、自分で会社を興そう!という人が増えています。確かに、会社を設立することで、さまざまなメリットが受けられます。個人事業主より信用度は格段にあがり、オフィスや店舗の賃貸契約や、金融機関からの融資に有利なだけでなく、金額の大きな仕事を受注することもできるようになります。また、節税の面でも恩恵は大きく、役員報酬や保険料、社用車やパソコンなど、さまざまなものを経費として計上することができ、節税にすることにつながるのです。

簡単に「会社を作る!」と言うけれど、いざとなったら、どんな手続をしたらよいか、わからないものです。会社設立時は、事務所探しや仕入先への交渉、顧客の開拓など、やらなければならないことが目白押し。そんな中、インターネットなどで調べながら慣れない書類作成や、会社の組織について考えるのはなかなか大変です。でも、会社設立手続きを代行してくれるサービスもあります。司法書士や税理士など、会社設立後もサポートしてくれる立場の人に支援をお願いすれば、会社設立後の運営もスムーズになります。

会社設立の際には、「長く続けよう!」と思って始めるもの。ですが、長く続けるために行っておくべきことは、会社設立のときにもたくさんあるのです。それらを知って手続きしておけば、ムダな経費や税金を節約することができるなど、継続できる会社づくりの基礎ができるといえます。

このサイトでは、会社の設立の仕方について、その主な手順と注意すべきこと、そして、スムーズな手続きを支援してくれる会社設立代行サービスについてご紹介します。

Pocket