会社設立手続きの流れ

一般的な「株式会社」を設立する場合、会社設立の流れは、大きく以下のようになります。
1 会社設立に必要なことを決める
2 会社設立に必要な書類(定款など)を作成する
3 登記申請をする
4 法人設立届出書を提出する

一般的にこれらの手続きは、1週間から10日ほどかかると言われています。会社設立に必要な決め事は、会社の名前、所在地、設立年月日などです。名前は、類似するものがないかインターネット等で調査しておくと安心です。また、株式会社の場合は、会社を代表する代表取締役や、会社の運営方針を決める取締役、運営状況をチェックする監査役などの役員の選定も必要です。役員の任期は2年で、変更時には変更手続きが発生し、費用がかかりますので、しっかり考えておかねばなりません。

必要事項が決定したら、代表者印と銀行印などの印鑑を準備し、登記申請に必要な書類を作成します。必要な書類は下記になります。
1 登記申請書
2 定款
3 発起人による決定所
4 役員の就任承諾書
5 印鑑証明書
6 印鑑届出書
「定款」とは、会社の目的や組織体系などの基本的な決まりごとを記載したものです。定款は公証人役場で「認証」してもらう必要があります。定款の認証には収入印紙4万円に認証代5万円、謄本代1000~2000円がかかります。認証後は、原則として訂正できません。変更登記にも費用がかかりますので、記載漏れがないようにしましょう。

書類ができたら法務局で登記申請をします。法務局が受付をした日が会社設立日となります。登記が完了したら、税務署や都道府県、労働基準監督署、年金事務所などに法人設立届出書などを提出して、会社設立、となります。

Pocket